先日投稿した関数をプラグイン化しました。
キーワードで検索されたツイート内容を取得、解析してマルコフ連鎖で組み合わせ、出力するプラグインです。

ダウンロード


【インストール】
解凍したファイルをディレクトリ毎wordpressのプラグインフォルダに入れてプラグインを有効化してください。

【使い方】
YahooデベロッパーAPIが必要です。無い方は取得してください。
文章を表示したい場所でと入力してください。
また、引数として最大文字数を設定できます。(初期値120)

【設定】
オプションから以下の設定ができます。
YahooAPIキー(必須):Yahoo形態素解析のAPIを利用する為に必要なキーです。無い方は取得してください。
登録はこちらから

検索ワード(必須):Twitterからツイートを取得する為の検索ワードを入力してください。Twitterの検索条件と同じ検索条件が使えます。
例) WordPress OR ワードプレス  ・・・・ WordPressかワードプレスを含むツイートを取得します。

読み込み件数(初期値20):検索するTweetの件数を取得します。最大100件ですが読み込み速度が遅くなります。
件数が多いほど文章が自然になる可能性があがりますが処理の時間がかかりますのでほどほどにしてください。

キャッシュ時間(初期値300秒):TwitterRSSを読み込みに行くキャッシュ時間を変更します。
この時間の間読み込むツイートは変化しません。
また、Yahooの形態素解析で読み込んだ結果も同じ時間分tweet_data.xmlというファイルでキャッシュしています。

【仕様】
基本的にマルコフ連鎖による自動文章生成を参考にしたので仕様はそれに準じてますが変更点として

・Wordpresの投稿からではなくTwitterからデータを持ってきている。
・マルコフ連鎖の階層が4層になっている。(処理の時間がやや増えるが文章が自然になる)
・YahooAPIの結果にもキャッシュを持たせている。
・文字限界数を超えたら処理終了から文字限界数を超えそうなら処理終了に変更している。(最後の文字を追加しない)
・文字限界数の8割を超えており、文字が。で終わる場合そこで処理を終了にしている。

としています。いずれTwitterのBOTを作成しようと思っているのでそれの都合だったりしますが。