今までロジクールのMK700というキーボードマウスセットを使用していたのですが、
1年ほど使っていたところ、マウスがチャタリングを起こすようになりメーカーに問い合わせた所
無償で交換してもらえました。

残念ながらMK700は生産が終了しており、後継機のMK710と交換になったのですが箱を開けてみると
キーボードは変わらずに、レシーバーとマウスがちょっと変わっていました。
このキーボードは多少癖があって、ファンクションキーが離れていて押しにくかったりするのですが打ちやすさは気に入っているのでまあ変化がなかったのは残念なようなよかったような。
レシーバーは小型化していてよさげでした。
そして、壊れたマウスの新型ですが・・・なんか一回り小さくなっていました。
微妙に小さく軽くなっているために今までの間隔と違和感があります。そして、ボタンの配置が変わっていて
なんかすごく押しにくくなっています。
慣れの問題もあるのだろうけど、前のバージョンのほうが良かったなあ。
ロジクールのメーカー自体は保証がしっかりしているしキーボードの質もよく気に入っているので、違うマウスを探すのも考えてみます。