ドメインキングというレンタルサーバーがあります。
ここはなんとキャンペーンで1年間100円でドメインまで付いて来るというのをやっています。

まあ期間限定といいながら1年ほど同じことをやっているというのはアレですが。
(なんかずっと閉店セールやってる感じ)

とりあえず容量も多いし、テスト用に借りてWordpressをインストールしてみたのですが・・・素晴らしく癖が強くなかなか苦労しました。
また使うときのことを考えていくつか苦労したことをメモ。


1.自動インストールが付いている・・・・が
まず、ドメインキングの基本機能としてWordpressの自動インストールが付いていました。これが早速罠です。
まずいつもの癖でデータベースを先に作ってしまったのですが、自動インストールの時にあちらがわで自動でデータベースの作成を
します。そしてどうも、一つのドメインにたいしてデータベースが使えないらしく、一つデータベースを作るとあたらしいデータベースを作れませんでした。
というわけで、あらかじめデータベースを作成しておくと、自動インストールの途中でエラーではじかれます。すでにあるデータベースを利用という選択肢はないようです。

2.自動インストールが終わった・・・・が
というわけで、データベースを消しました。そしてインストール。インストールの時点でサーバーにアップしたファイルは削除されるっぽいです。そしてインストールされるバージョンが古かったのでアップデート。
・・・できません。マニュアルをみるとどうも自動インストールでインストールした場合はアップデートができないようです。なんじゃそりゃ。

3.手動でインストール・・・が
しょうがないので全て削除して手動でインストール。
さくっとデータベースを作り直してインストール画面から色々設定。ところがwp-confingが自動作成されない。
どうも初期設定ではWordpressから(Apacheから)ファイルの作成権限はないようです。セキュリティ的に不安ですが
ルートのhttpdocsとwp-contentの属性を777に変更しました。

4.テーマをインストール・・・が
とりあえずテーマをインストールしようとしましたがFTPの接続情報を聞かれます。
apacheからのインストールができないためか、FTPで接続してアップロードしようとするためです。
毎回聞かれては面倒なのでwp-configに以下の一文を追加

define('FTP_HOST', 'ホスト名');
define('FTP_USER', 'ユーザー名');
define('FTP_PASS', 'パスワード');

これをwp-cinfig.phpの適当な場所に追加してアップロードし直すと今度はFTP情報は聞かれずインストールすることができました。
これでやっと普通にWordpressが使えるようになりました(多分)